野菜カレーをつくるのに、野菜の種苗を植えました。(初日)

「なぜ?何のために?そんなことするの?」が気になる方は 前回の記事

植えた種苗の種類

令和3年5月2日 AM9:30

野菜づくり体験の初日を迎えました。

昨夜、突然の雷雨があったので少し心配しましたが、今日は少し雲がでているものの、雨は降っていません。

暑からず、寒からず。

畑で種苗を植えるのに絶好の天気です。

主催側(指導してくれる農家の方達、事務局の方達)の挨拶と自己紹介、参加者達も自己紹介をした後、さっそく種苗を植える作業が始まりました。

今日植える種苗は、キュウリ、トマト(大玉・ミニ)、ナス、里芋、ピーマン、シシトウ、カボチャ、トウモロコシの8種類です。

雀はこれまで野菜を栽培した経験が全くありません。

掘る穴はどのくらいの深さで、何を、どんな間隔をあけて植えていくのか。

支柱の立て方、紐の結び方、その他注意点等など、農家の方達が丁寧に教えてくださいました。

ちなみに、雀が生まれて初めて植えたのはキュウリの苗でした。

収穫期の予定

今日植えた野菜は、6月末から7月初旬頃から収穫ができるようになり、10月末から11月初旬頃まで収穫できるそうです。

収穫期間は野菜の種類によって異なる筈ですが、それぞれの期間について聞くのを忘れてしまった為、また次回以降に確認します。

「トマトはうまくいけば4kgぐらい収穫できます。」

「うまくいくかどうかは、管理作業をどのくらいするかによって大きく変わります。」

「今年の夏は、野菜は買わずに済ませるつもりで、管理作業をがんばりましょう。」

とのこと。

雀がかけている月々の食費のうち、野菜はそれなりの割合を占めているので嬉しい限り。

もし、食べきれないくらいにできたら、、お裾分けしたい人達の顔も浮かんできます。

農家の方達から学んだこと

美味しい野菜に育ってくれるよう、管理作業もがんばっていきたいです。

で、管理作業って具体的に何をしたら良いのでしょう?

どのくらいの頻度で行えば良いのでしょうか?

「今日植えた野菜は成長のスピードが速いので、時々畑にきて、支柱に誘引してあげる(野菜の茎を支柱につなげてあげる)作業をしてください。」

「最低でも週に1回、できれば数回、見に来てあげてください。」とのことです。

なお、よほひどく乾燥しない限り、基本的に水はあげなくて良いそうです。

根は、水分を求めて地中深くに張っていく性質があるのですが、こまめに水を与えてしまうと「別にがんばらなくても大丈夫。」と学習してしまい、地中深くに張らなくなってしまうのだそうです。

なんだか、子育てにも通じる話のような。。

楽しい時間を確保するために、雀がしたこと。

野菜づくり体験が始まり、楽しみしかありません。

大変なことはまだ何一つありませんが、週に何度か、継続的に畑に行くのは、やはりそれなりに大変です。

雀が数年来「野菜づくり体験に参加したい!!」と思いつつ中々できなかった理由は、週に何度か、継続的に畑に行く自信がなかったからです。

雀はこの時間を確保するために、

「通勤時間は削減しよう。」

「勤務時間も必要最小限に短縮しよう。」

「時給単価を高くしよう。」

と考えて、1年前に転職し、夜勤専従の働き方に変えました。

転職前と比べて収入をほとんど変えることなく(微増)、生活の為の労働時間とそれに付随する通勤時間を大きく減らし、やりたかったことができる時間を捻出できたので、とても満足しています。

「心から達成したいと思う目的を明確にして、その実現のために必要ではないものはなるべく削り、生活をシンプルにする。」

雀はミニマリストを志向しているのですが、そうなるきっかけは「がんばらない働き方」「エッセンシャル思考」という本を読んだことです。

とても大きな影響をうけました。

「やりたいことがあるけど、忙しくて中々できない。」

「がんばっているのに、成果がでていない。」

そんなあなたにおすすめの本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です