キレイなトマトに育てる方法 2(露地栽培)

ビニール袋で傘をかけてみた結果

令和3年6月20日(日)

雨が当たると、トマトの実が割れたり、傷がついてしまう‥。

なるべくキレイなトマトに育つよう、透明のビニールの傘をかけてみてから1週間が経過しました。

先週は雨の日が続いたため、雀が畑に来るのは1週間ぶりです。

畑を一目見て、何だか様子が大きく変わったのを感じましたが、まずは、トマトにかけたビニールの傘が風で飛んでしまってないか、キレイなトマトが実っているかを確認してみると‥。

おっ、何だか良い感じ!!

大玉トマトには多少の傷がありますが、全くの野晒しだった先週までと比べると、実が割れていませんし、キレイなものが実っています。

ミニトマトは売り物にしても良さそうなくらい、ピカピカなものが実っています。

早速収穫してみました!!

収獲祭は突然に!!

トマトだけでなく、他の野菜も収穫したのですが、予想していた収穫量を遥かに超えていますし、キュウリとナスはサイズが大き過ぎ!!

1週間も畑に来ないと、こういうことになるのですね!?

聞いてはいましたけど‥、初体験です!!

指導してくださっている農家の方からは

「実がここまで大きくなってしまうと、茎や枝にストレスがかかり過ぎてしまうから、やはりもっと小さいうちに収穫した方が良いですよ。」

「雨が降っても、野菜の成長は待ってくれないからねぇ。」

とのアドバイスを頂きました。

はいです‥。雨の日が続いても、週に2回以上は畑に来たいと思います。

そして第2形態へ

「割れていない、なるべく傷のないキレイなトマトを育てる」という目的はある程度クリアできたのですが、課題が新たに見つかりました。

青いトマトの実にビニール袋を被せて傘をさすようにする作業は、手間がかかり過ぎて大変なのですが、収獲する際の手間もすごくかかるのです。

収穫する度に一度さしたビニールの傘を外して、まだ青い実には改めて傘をかけ直す作業が発生するのです。

これからトマトの収穫が本格化していくし、トマトを含めて20種類の野菜を育てるのに、それはちょっと‥。

どうしたものかと考えていると、お隣さんのお隣さんの、そのまたお隣さんの畑が気になることになっています。

おそらく目的は雀と同じです。

「どうやったのですか?」と伺ってみると、透明のテーブルクロスを100円ショップで買ってきて、被せて洗濯バサミで留めただけだそうです。

雀が悩んでいた手間の問題を劇的に改善!!

効果的かつ効率的!!

いったい何者!?

伺ってみると、東京都三鷹市の「野菜づくり体験事業」にもう5年も参加されている大先輩でした。

成功している先駆者はマネるべし。

農作業を一度中断して帰宅して、近所の100円ショップに行って同じものを購入。

改めて畑に行って作業して、雀の畑は第2形態に変態しました。

明日からまたしばらく雨が続く予報ですが、これで雀のトマトは安心です。

しかし、これは最終形態ではありません。

トマトの茎が高く成長していくにつれて、すぐに第3形態になりそうです。

そして、気付いたのですが、これ、最終的に行き着くのはビニールハウスなのでは‥?

トマトをハウス栽培ではなく、露地栽培しているプロの生産者っているのでしょうか?

何かメリットはあるのでしょうか‥?

(ビニールハウスの設置や維持にかかるコスト以外で。)

またの機会に調べてみたいと思います。

本日(6月20日)の農作業

雀は5月2日に初めて野菜の種苗を植えて、現在のところ、育てている野菜は13種類です。

トマトの管理作業の他にもするべき作業はあります。

ナスもだいぶ成長してきたので、新たに支柱を立てて、誘引作業を行いました。

トウモロコシは根元から2本生えているものが目立ってきた為、細い方を間引きしました。

雀が育てているカボチャは、同じ場所で、同じ条件で、他の方達が育てているカボチャと比べて、明らかに成長スピードが遅いので少し心配していたのですが、日が経つにつれてその差が大きくなっています。

ただの大器晩成なのでは」と期待していましたが、このままでは手遅れになってしまいそうです。

指導してくださっている農家の方に相談して、追肥をしました。

↓ お隣さんが育てているカボチャ

鬱蒼と茂っています。

↓ 雀が育てているカボチャ

同じ場所で、同じ苗を育てているのに、この差は何でしょう‥?

農家の方のアドバイスで、チッソ(葉肥)を多く含む肥料を追加しました。

チッソは、主に茎や葉っぱを育てる成分だそうです。

そして、雑草の除去も行いました。

野菜の急成長に負けないくらい、むしろそれ以上に雑草も成長していました。

雑草の除去と芽かき(摘芽)作業は時々まとめてやるのではなく、こまめに少しずつやるべきですね‥。

良い品質の野菜がたくさん収穫できるようがんばります。

今後の予定

収獲が本格化するのはもう少し先かなと思っていたのですが、収獲祭が突然始まりました。

せっかく自分で育てて収穫した野菜は、やはりなるべく新鮮なうちに美味しく頂きたいものです。

今日収穫した野菜は、今日明日で食べきれるものは調理しますが、全部は食べきれません。

食べきれないものは、今日のうちにピクルスにしようと思います。

そして、これから収穫が本格化していきそうなので、いよいよ野菜カレーづくりに挑戦していきます!

素材(季節の野菜)の良さを引き出す方向でクォリティーを追求しつつ、コロナ禍が収束する頃から継続的にやっていきたいと考えているイベントも見据えて、なるべく調理の手間をシンプルに、時間を短くすることも追及したいと考えています。

そのために、まずは良さそうな圧力鍋を選んで注文します。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です