【チキンと野菜のカレー】電気圧力鍋でつくれぽ

現在、雀は野菜づくり体験に参加中です。

畑では夏野菜の盛りの時期が過ぎて、名残(なごり)の時期に差し掛かっています。

自分が育てた夏野菜でカレーをつくるのに、残された時間はもうそれほど長くない‥。

今まで何だかんだ理由をつけて後回しにしてきましたが、ようやく野菜カレーを猛烈につくりはじめました。

夏の本番はこれからですが、キュウリとインゲンの収穫は終わり、トマトの盛りは過ぎました。

そんな畑で今朝穫れた野菜はこちら。

トマトとナス、ピーマンを美味しい野菜カレーにする為に選んだのが「チキンと野菜のカレー」です。

レシピは ハウス食品グループがお届けする健康とおいしさを応援するマガジン「House E-mag」を参照しました。

地場産の新鮮野菜を調達

House E-mag「どこよりも丁寧な圧力鍋を使ったカレーの作り方」に記載されている野菜は下記の5種類です。

  1. トマト
  2. ピーマン
  3. タマネギ
  4. ニンジン
  5. セロリ

トマトとピーマンは雀の畑で今朝収穫したものがありますが、その他の野菜はいつものJAファーマーズマーケット「三鷹緑化センター」でお買い物。

地場産の新鮮野菜の味を覚えてしまうと、もう他で野菜を買う気になりません。

オクラも今朝採れた新鮮なものがあったので購入しました。

今回7種類(※)の旬の野菜をつかいましたが、セロリを除く6種類の野菜が地場産です。

※ 自分で育てた野菜3種類(トマト、ナス、ピーマン)とJAファーマーズマーケットで購入した野菜4種類(タマネギ、ニンジン、セロリ、オクラ)

すごいぞ、都市農業!!

いいぞ、多品目少量生産!!

JAファーマーズマーケットは、あなたのまちにもきっとある‥かもしれないので、是非チェックしてみてください。

なお、セロリだけは地場産のものが売っていませんでしたが、近くでつくっている生産者はいないのでしょうか‥?

雀は今までセロリがあまり好きではありませんでしたが、夏野菜の具だくさんカレーを自分でつくるようになってからはもう必要不可欠な食材の一つです。

今度、誰かに聞いてみましょう。

つくってみた! その感想は‥?

Q : 味は?

A : 美・味ー!!

自分が育てた野菜と、地域の生産者が精魂込めて育てた野菜をこんなに美味しいカレーにできて、自宅で食べられるなんて、、う・れ・し・いー!!!

Q : つくるのは簡単だった?

A : 超かんたんでした!

初めてつくったのですが、次からレシピをほぼ見ないでつくれるような気がします。

フライパンで、一口大の鶏のむね肉を焼き色が軽くつくまで焼いて鍋に入れる。

ニンニクとショウガをみじん切りにしたものを香りが出るまでオリーブオイルで炒める。

そこに、タマネギのみじん切りにしたものを加えて、あめ色になるまで炒める。

種々の野菜を粗いみじん切りにしたものを加えて、全体的に油がまわるまで炒めて、鍋に入れる。

この時点でこんな感じですが、既においしいことが分かります。

これに水を少量加えて、電気圧力鍋を「自動調理」「1」にセットしてスイッチON。

加熱・圧力がはじまると、美味しい香りが漂い始めます。

あとはカレールーを加えて、トロミが出るまで約10分かき混ぜたら出来上がりです。

Q : 時短になった?

A : コンロの前に立ち、火加減を調整しながらかき混ぜる時間がなくなったという意味では、確かに時短になったと思いますし、削減できた時間を別のことに使えるので、大きな価値があると思います。

ただ、普通の鍋をコンロにかけてつくるのと比べて調理時間が短縮したかと言われると微妙だと思います。

(スイッチONしてから加熱が進み、加圧が始めるまでの時間と、加圧が終わって、圧力が鍋から抜けるまでに時間がかかります。)

Q : あえて課題を挙げるなら?

A : 野菜がほとんど溶けてしまったのは少し残念でした。

もう少し食感や歯応えが欲しいかなと‥。

野菜を全て粗いみじん切りにして炒めてから電気圧力鍋で調理したのですが、圧力をかけなくても良かったかなと思いました。

次回、試してみます。

まとめ

今回の「チキンと野菜のカレー」も初めての挑戦にしてまぁ成功したといって過言ではないでしょう✌✨

しかもですね、初挑戦にも関わらず「House E-mag」のレシピに記載されていないナスとオクラを加えて成功しているのです。

「野菜(種類・量はお好みで)」とは記載されているのでやってみたのですけど。f(^^

確かに、他の野菜でも美味しくできそうです。

次回は雀の畑でも収穫がはじまったカボチャを試してみますが、季節毎に旬の野菜カレーをつくることができそうです。

旬の新鮮野菜と電気圧力鍋さえあれば、美味しい野菜カレーがかんたんに時短でできます!!👌✨

おまけ(?)

付け合わせの「きゅうりはるさめボンバー(冷)」が気になる方は、こちらで作り方を紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です