「江戸東京野菜」の記事一覧

江戸・東京の地で、農家による自家採種や種苗商が確保していた固定種、あるいは在来の栽培法に由来する伝統野菜のことです。
江戸期から昭和中期(昭和40年頃)まで、市中や近郊で一般的に広く栽培されていて、江戸・東京市民の食生活を支えてきました。